SUB CONTENT

手術の方法

お尻

治療でコンプレックスやトラブルを解消

小陰唇が肥大してしまうと様々なトラブルに見舞われてしまいます。痛みがある場合や色素沈着を起こしてしまうこともあるでしょう。大きいことがコンプレックスになり、自信を失ってしまっている場合もあるのです。このように様々なトラブルを引き起こしてしまう小陰唇の肥大ですが治療することができます。他人には中々相談することができない悩みですが、専門の医療機関などを利用することで手術を受けられるのです。正常な大きさに整えることで、上記で挙げたようなトラブルを解消することができるでしょう。基本的に縮小手術を行うのですが、適切な大きさに整える手術を行うでしょう。このような治療を受けることでコンプレックスやトラブルを解消し、自分に自信が持てるようになるでしょう。

縮小手術の方法を覚えておきましょう

基本的に肥大化した小陰唇を正常な状態に戻す方法は手術に限られます。手術以外には確実に正常な大きさに整える方法がないのです。そして、最近ではこのような手術を受ける方がとても増えてきています。手術の方法は様々な種類があるでしょう。ですが、どの方法でも、仕上がりや満足度などには差はないと言われています。基本的に辺縁を切開して切除する方法が一般的でしょう。この方法の場合は手術を行う人間による違いが出にくいのです。また、デザインについては医師との相談が可能なので、まずは相談してみましょう。特別なデザインを希望しない場合は、単純に肥大した小陰唇の余分な部分を単純切除する方法で手術を行います。この手術方法なら誰でも手軽に利用できるでしょう。