手術の方法

お尻

肥大化してしまった小陰唇は手術することで治療できます。現在、有効な治療方法は手術しかないと言われているのです。一般的には余分な皮膚を切除して縫合する単純切除を行うでしょう。

Read More

症例を確認

お尻

小陰唇肥大は手術でのみ治療することができるでしょう。ですが、手術に対して恐怖感を持っている方は少なくありません。そのような方は、手術の症例をチェックしておきましょう。

Read More

医療機関選び

落ち込む女性

肥大した小陰唇を治療する場合、医療機関選びが重要になってきます。しっかりと信頼できる医療機関を選ぶようにしましょう。医師に関しても経歴をチェックしておくことが大切です。

Read More

TOP CONTENT

頭を押さえる人

原因はハッキリと分かっていない

小陰唇が大きいことにコンプレックスを持っている女性の方は少なくないと言えるでしょう。基本的に肥大してしまう原因についてはハッキリと分かっていません。先天的な遺伝が原因になっていると考えられることもありますし、思春期などでホルモンバランスが変化することで肥大すると考えられることがあります。基本的に原因についてはっきりと分かっていないので、事前に有効な対策や予防を取ることはとても難しいと言えるでしょう。ただ、治療によって適切な大きさに整えることができます。

性行為や自慰行為とは関係がない

小陰唇肥大について、よく勘違いさせることの一つに性交渉や自慰行為が挙げられます。性交渉や自慰行為によって、小陰唇の大きさが変わってくると考えている方が多いのです。基本的に性行為や自慰行為が大きさを左右することはないとされています。ですが、勘違いから性行為や自慰行為をすることで小陰唇が大きくなると勘違いし、性行為や自慰行為に対して抵抗を持っている方もいるのです。そのような方は、この2つが関係のないことと理解しておくと良いでしょう。

性行為や自慰行為が原因と考えられる理由

一般的に小陰唇が肥大してしまう原因として、性行為や自慰行為が関係していると考えられています。ですが、専門の医療機関などでは性行為や自慰行為は関係がないとされているのです。勘違いが起こってしまう原因として考えられるのが、肥大する時期にあるでしょう。思春期がその時期と言われており、性行為や自慰行為を初めて体感することが多いのです。多感な時期に性行為や自慰行為を経験することと、大きくなってしまう時期が被るので両者に関係があると考えてしまうのでしょう。